最近のLEDランタンはどうやら明るいらしい

先日のキャンプで「うちのキャンプサイトは夜暗いな~鍋をしても闇鍋みたい」と言われ、たしかに他所様と比べると暗いなと感じました。
といっても野外ですし個人的には焚き火をすれば暗いほうが好きなんですけどね。
でも日が沈んでからのご飯はやっぱり明るくして食べたいものです。

我が家で使っているランタン

ちなみに我が家で使っているランタンはだいぶ前のランタン選びというブログ記事でも紹介しましたが、LEDのランタンを使っています。当時はルーメンとか明るさとか知識がなかったので安いやつとよく売れてるやつを適当に買いました。

ブログ記事でも紹介しているキャプテンスタッグのやつとジェントスのエクスプローラー777XPです。両方ともLEDです。
これでも特に問題はないんですけどね。

キャプテンスタッグをテーブルライトにして777XPをひっかけたり、ぶら下げて使うイメージです。

ただやっぱりLEDの300ルーメン×2くらいなので暗いと言えば暗いです。
たまに100均のLEDの裸電球をモバイルバッテリーにつなげて使っています。
※白い明りなので虫がすごい寄ってきますが。

色々調べてみると安くてLEDでも1000ルーメンやそれ以上のものも結構出ています。

1000ルーメン以上のLEDランタン

割と評判が良いのがジェントスの1000ルーメンタイプEX-1000

結構前からあるタイプですが、デメリットは電池の持ちが他と比べて悪いと言う事。5.5時間くらいのようです。

それ以外にも安くて1000ルーメンあり電池の持ちがいいもの色々あるみたいです。

キャプテンスタッグからも1000ルーメンモデルがありました。

それ以外にもナチュラムから1600ルーメンのランタンも出ているようです。仕組み的にはキャプテンスタッグの雷神のCOBという板状のLEDを3面使ってるらしいです。

このあたりは技術の進化が早いので持ちが良くて明るいLEDランタンはどんどん出てくるんでしょうね。
※手間とか荷物が増えてもいいなら昔からあるガソリンランタンとかが良いんだけど。

はじめてのランタン選びのご参考までに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です