スキレットのレザーハンドルカバー

前回に、レザークラフトでキャンプ道具をDIYという記事を書きましたが、第1弾の作品はスキレットのレザーハンドルカバーを作成しました。

短時間で結構簡単に出来たのでスキレットを持ってる方にはおすすめです。

こちらは結構簡単でした。10×20の切れ端素材を2等分(10×10)してそれをさらに2等分(5×10)します。素材の革が140円だったので1つ70円!既製品だと安くても1000円はしますね。

それらを重ねてカッターナイフで丸くカットします。取っ手の手前部分も左右5mmほどカットしたので取っ手の形状に合わせたラインを作りました。※そのままだったら寸胴になって美しくないなと思い。ただ気を付けないといけないのは入り口を狭くすると取っ手が入らなくなってしまいます。

製作過程のイメージ

ボンドが固まれば編み込みをします。今回はたこ糸を使ってかがり縫いにしました。
最後に皮ポンチで取っ手中央に7mmの穴をあけて紐を通せば完成です。

いかがでしょうか?代用品のたこ糸が逆に既製品ぽくなくワイルドな感じになってませんか?次はCB缶のレザーカバーにチャレンジします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です