ダッチオーブン選び

キャンプの醍醐味はなんといってもBBQや外で食べる食事。

家ではなかなか作れないものなどにも色々チャレンジしたいです。例えば、

  • 焼き芋、焼きリンゴ
  • ピザ
  • 燻製

などなどほかにもたくさんあると思いますが、そうなると必要になってくるのがダッチオーブン。素材としてはスタンダードなものはスチールで最近ではステンレスのものも出ているようです。スチールは使う前に最初にシーズニング(焼き入れ)をしたり使った後は油を塗って保管するなど手間を要します。

ちなみにシーズニング不要の手間いらずのステンレス鋼のダッチオーブンはユニフレームから出ています。

邪魔臭いのは嫌なのですがこれもまたキャンプの醍醐味として、手入れも込みでおもしろそうなので私はスチール製に決めました。

私が購入したのはこちらのキャプテンスタッグ製。ホームセンターでも普通に売っています。

価格もロゴスや他のメーカーと比べて半値くらいなので最初に選ぶものとしてはハードルが下がって良いです。

ちなみに手間いらずのステンレス製は15000円など結構高価です。

まだシーズニングなどしてませんがシーズン前にするのが少し楽しみ。

シーズニングの仕方は↓のような感じ。

私もチャレンジしました!

ガスコンロのSIセンサーのおかげで結構てこずりました。

さっそくこれを使ってローストビーフを作ってみました。

ダッチオーブンで初めてのローストチキン。 #キャンプ飯 #キャンプ料理

CampDaysさん(@campdays2017)がシェアした投稿 –

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です