1万円以下のクーラーボックス選び

我が家もキャンプをはじめて3年がたちました。今回はクーラーボックスについての記事です。我が家のクーラーボックスはホームセンターで購入した25Lのハードタイプと15Lくらいのソフトタイプです。

これはこれで夏の2泊キャンプもこなしているので買い替えが必要なわけではないのですが、ファミリーキャンプで子どもも食べる量が増えてくると50Lタイプが欲しいなと思えてきました。

クーラーボックスで人気があるものといえばYETIなどが思い浮かびます。最近では似たようなタイプも多いですが、高機能ゆえにお値段が高いです。

この3つはほぼYETIと同じような規格だと思います。しかしスノーピークもハイランダーもYETIにそっくりですね。OEMなのかな?かっこいいですが、断熱力を高める構造ゆえに幅が分厚くそのために内容量が少し少ない気もします。2泊でも中日で買い物にいくならそこまでの保冷力はいらないかもしれませんね。ただロック力もありカラーリングも落ち着いていて良いですね。

その他にはコールマン、igloo、テントファクトリー、キャプテンスタッグのブラックラベルから出ているスチールタイプもかっこよさそうです。これらも内部に発砲ウレタンが注入されている保冷力の高いタイプです。お値段はYETIなどより割安で2万円くらいで販売されています。

※後日色々調べたところ、コストコがigloo製品だとネットより安いようです。マリーンウルトラは2019/08/03調べでは売ってないようですが、スチールのものはセール時期で13980円で販売されているようです。作りが荒い?というコメントも多いので実店舗でモノを見て買うほうがいいかもしれません。

個人的にはこういった高スペックなものじゃなくても~1万円くらいで落ち着いたデザインの良いのがあればな~と思い色々調べてみました。

1万円以下のクーラーボックス

まずはアメリカの有名メーカーiglooの釣り用のマリンウルトラというクーラーボックスです。結構定番のクーラーボックスのようでキャンパーにも人気のようです。 真っ白のデザインでシンプルで良いですね。

インスタで見つけた設置イメージです。

白なのでナチュラル系でもミリタリー系でも合いそうです。また好きなステッカーをはったりしても楽しめそうですね。定番だけに断熱力もそれなりに蓋のロック、ワイヤーのストッパーや排水穴もあり機能的です。保冷も4日間と謳っているので2泊くらいなら機能しそうです。

もうひとつはこちらもコールマンのロングセラー商品のポリライト48QTです。こちらもファミリーキャンパーではド定番なものですが、青や赤のいかにもなカラーリングではないAmazon限定のカーキ色がおすすめです。

現物を見て触りましたが今回紹介する中でも一番安いですがしっかりした作りです。フタがロックできないのとストッパーがなく、かつヒンジ部分が少し心もとない感じはしましたが私は特に問題ないかな?と思いました。密閉力はそれなりにありました。

もうひとつはこちらもコールマンですが、ブラック色で少し今風なロゴデザインが特徴のホイールクーラー60QTです。車輪付きなのでキャリーワゴンがないときの運搬に便利そうです。

個人的には iglooのマリンウルトラが良いかなぁと思ったりしていますが、今のクーラーボックスでも不自由がないのでもう少し考えようかなと思っています。

あと大きなタイプより25Lくらい2つで分けたほうが使い勝手良い気もするんですよね。

うちはペットボトルやお酒といった飲み物はハードタイプでその日に使うお肉やお魚、野菜はソフトタイプをスーパーに持ち込んでそのまま入れてキャンプ場に運んでいます。

たまに肉や魚の汁がかたむいてたれていた時なんかはドリンクと別れててよかったなと思ったりしますし。

なかなかクーラーボックス選びは難しいです。

補足:その後購入したクーラーボックスについてレビューしています。
結局igloo(イグルー) ステンレスクーラー (51L)を購入!

「1万円以下のクーラーボックス選び」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です