赤穂海浜公園オートキャンプ場

先週末に兵庫県赤穂市にある赤穂海浜公園オートキャンプ場へ行ってきました。赤穂海浜公園という大きな公園のようなテーマパークと牡蠣が有名なエリアです。

オートキャンプ場の施設紹介

施設はエントランスからホテルのロビーのようなちょっと高級感のあるたたずまいです。僕はフリーサイトを予約しました。場所はほぼセンターの真横?駐車場の真後ろに設営したので結構いい場所だったんだと思います。今回もタープとテントを贅沢に広げます。ある程度前後の間隔を空けてくれているのかかなりゆったりと他の方と間隔をあけて設営できました。

洗い場の数やトイレなども綺麗で高規格キャンプ場という感じです。

赤穂海浜公園へ

赤穂海浜公園は公園と子供向け遊具、遊園地、塩づくり体験、カヌーやボートといった遊びができる公園でかなり広いです。勝手に海が近いからか釣りのできる施設?と思ってましたが釣りしてる時間はありませんね。

今回我が家は公園散策とボートと遊園地だけで夕方までかかって遊びました

今の時期は潮干狩り

その後はビーチを通ってキャンプ場へ。4月から7月あたりにかけての時期は公園に隣接しているビーチで潮干狩りを楽しめます。大人1700円、こどもは半額?くらいの入場料で1グループあさりを1袋お持ち帰りすることができます。

我が家は遊園地やボート遊びのほうに行ったので潮干狩りはしませんでした。

かなり広大な公園なので1泊キャンプでは全部を回り切れません。

今回のキャンプ飯

久しぶりのダッチオーブン出動

夜はBBQが続いていたのでローストチキンを作りましたが約3年ぶりくらいのダッチオーブン出動です。

ちょっと取っ手や底が錆びてましたがなんとか使えました。

洗うのが手間だったり、重かったり、沢山作れなかったり、使ったあとはオイル塗ったりしないとすぐ錆びたりするのでキャンプ始めたときは意気込んで買ったものの思いのほかここ数年は使ってなかったんですよね。

朝は今回も定番のホットサンド。もう迷ったらホットサンドですw
今回はラ・ムーという初めていくスーパーで買い出しだったので冒険はしません。
息子はネーミングが気に入ったのかずっとラムー!ラムー!と連呼してましたw
惣菜がかなりダイナミックな量で安い価格設定のスーパーですね。

2日目

今回は2日とも快晴。温度も5月にしては真夏日で30度近くまで上がりました。ここのキャンプサイトは焚火が禁止なので暖かったおかげでなんとか夜をしのげました。

チェックアウトは11時なのでチェックアウトまでゆっくりします。

次回は潮干狩りもしてみたいです。遠浅の綺麗な浜なので気持ちよさそうでした。

きらきら坂

帰りには、赤穂海浜公園から車で10分くらいの距離の赤穂温泉や伊和都比売(いわつひめ)神社がある「きらきら坂」に立ち寄りました。ついてみると結構人がたくさんいました。混んでましたが無料の駐車場もあります。

天気もよく綺麗な海と空、畳岩などの沿岸を望むきらきら坂はとても景観がよくインスタ映え間違いなし!という観光地でした。

ガイドに掲載されていたジェラートを食べる予定でしたが運悪くその日は臨時休業とのこと。残念!

まとめ

今回の赤穂海浜公園オートキャンプ場は個人的にはリゾート施設?ゴルフ場感?自然というかワイルド感があまりなく、かつ焚火も禁止ということであまりリピートはないかな~なんて思ってましたが、嫁さんからは久々に良い感じに行楽地とキャンプ、綺麗な観光地を回れて「ええとこやな」というお言葉をもらえました。※キャンプ場もわりと高規格キャンプ場でセンターも綺麗なんですよね。

施設に温泉はないですがコインシャワーはわりと使い勝手もよく、近くに温泉もあります。

ファミリーキャンプにはおすすめのキャンプ場でした。

投稿者: Zakky

関西在住のWEBクリエーター。中間反抗期の息子と小1の娘とそこまでキャンプ好きではない奥さんとのキャンプデイズをつづっています。

このブログ記事でご紹介したキャンプ場

施設名

赤穂海浜公園オートキャンプ場

ホームページ

https://www.hyogo-park.or.jp/akoauto/

アクセス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。